06
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
2011年から始まった部活動、浦安から始まって房総・茨城・三浦を彷徨った末、行き着いたのは横浜・福浦。
たまに他の場所にも行きたくなるけど、やっぱりここに戻ってしまう釣りバカ(通称B)夫婦の釣行記を120%妻目線でお送りします。
2013/8/17(日) 久々にネクラにもメジナ。そして新米夫婦を試す大事件

 

前日夜中の釣りを経て、帰宅したのは朝4時半すぎ。
ちょっと晩酌して、眠ったのが確か7時頃だったか・・・

昼過ぎ、ゆっくり起き上がって遅いご飯。
(食べてばっかり)

俺様 「なんか日曜日の気分だな」

そう、金曜の夜釣りがいつもの土曜日のような感じで
まだ土曜日だと思うとちょっと得した気分。
さくっと着替えて出発しましょうか。

ちなみに外房とか三浦とか、とにかくどこかいつもと
違うところに行こうかとかも考えなくはなかったけど、
福浦より遠いところに行ったとしても釣れる保証が
あるわけでもなし、高速代燃料代そして移動時間を
かけてまで冒険する意味があるのだろうか。

否、ない。

ってことで福浦へ。
夕方の一般道は混雑しているので高速をつかって
釣り場到着は17時頃。
この日は最初からテトラへ。

明るいうちは投げ釣りしようかなと天秤つけて
投げ竿出してたネクラだったのだが、あまりにも
アタリがなくて飽きてしまった。

投げ竿をさびきながら俺様のドングリウキを観察。
この日はエサ取りが多くてウキがよく動く。
こんなに動くとドングリウキでもよくわかるんだなー
ドングリウキもいいなー
でもこないだも俺様のお古のちびウキいっぱい
おさがりでもらったし、まだいいか。

そのうち観察も飽きたので、投げ終了。
そろそろ日も落ちそうな時間なので、ウキの仕掛けを
準備して、再スタート。

なるほどエサ取りが多い。
俺様もフグになにやら文句を言っている。
でもネクラはエサ取りでも反応がある方がいい。
エサがもったいないけど、まったくの無反応だと
竿を出し続けることすらツラくなる。

ちびカサゴ。これはお帰りいただこう。



ちょっといいカサゴ! あなたはキープ。



なんか今日調子いくね?

しかし俺様がまだ釣ってないのでバケツが出ていない。
水を汲みにテトラを降りるのが怖いので、カサゴは
締めもせずにビニール袋へ入れてクーラーへw

暗くなり始める。
エサ取りは少し減った。

まったりし始めたところで、電気をつけたばかりのウキが
ゆらっと海中に!


き キタ何か来たー!!  

タモ・・・  誰かタモを・・・ (→心の叫び)


しかし俺様は相手にしてくれない。
何故ならばいつもネクラが「タモー!!」と叫ぶときまって
あがってくるのは木っ端メジナということが数回あったから。
そりゃこんなオオカミ少年のことは信じてなんてもらえない。
ぼんやり竿を出してる間に意味も無く緩めたドラグのせいで
巻いても巻いてもあがってこない。


うう・・ 重いよぅ・・・


やっと水面まで浮かせたはいいけれどぶっこ抜けない。
いつも「巻きすぎ!!」と怒られるのがトラウマで
そんなに巻いていいものかという思いが頭をよぎる。

水面近くをブランブランされるメジナを見かねて
ようやく俺様が救出に来てくれた。
「何やってんだよ・・・」とぼやきながら糸を手繰り寄せて
ネクラに渡してくれた。
ありがとう・・・ でも褒めてはくれないんだよね・・・
まぁでも「やったな!」とか爽やかに言われてもキモイし
助けてくれただけありがたいか・・・

ヨタヨタしながらテトラ上にあがり、血抜き。
ありがたいことに俺様が水を汲んできてくれた。

俺様 「浅かった?」

ネクラ 「あ・・・ 確かそんなに浅くないような・・・」

俺様 「・・・」 

音にならない舌打ちが聞こえる・・・
浅場好きのネクラ(手返しが楽だから)
だけどこの日はちょっと深めにしてみたり、ちょこちょこ
いじりながら遊んでいた。
なので肝心のアタリがどのへんのタナだったのかは
さっぱり覚えていないのだ。
ホントスイマセン。


やっぱりメジナはカメラ目線。



処理が遅いネクラ、ややしばらくかかって釣り座に戻る。
俺様を見る。機嫌悪そう・・・
いつも飽きて戦線離脱してしまうネクラになんとか
釣らせてやろうといつも色々教えてくれる俺様。
しかしネクラが先に釣ったとなると話は別だ。

どうしよう ネクラがこれ以上釣っちゃったら
我が家の平和は完全に崩壊する。
(※冷静に考えると物凄く上から目線な心配だ)
神様・・ あの黒鯛のときみたいに
ネクラの釣果も吹っ飛ばす大物を俺様の竿に
なんとかひとつお願いしますよ・・・
それかここらでいつもみたく飽きちゃったーって
やめてみる?いやそれも「余裕だな ケッ」とか
言われそうでなんかイヤ。
何より釣れて楽しいのでまだ釣りたい。

結局こういうこと。

ビクビクしながら糸を垂れていると

来てしまった・・・メジナ・・・
嬉しいけど空気読んでお願い! 
あっち!ハウス!

しかもまたぶっこ抜けずにブランブランやってたら
またもやため息をつきながら俺様が上げてくれた。
あの・・・ ほんとスイマセン・・・

目つき悪い・・・



しかし神は俺様を見放さず、
このあとすかさず俺様にメジナを1枚与えたもうた。

よかった・・・まじで・・・

そしてとっぷりエサを使い切るまで粘ったが
この日はこれ以上増えることなく終了。

「負けちゃったな・・」と呟きながら片付けを
始めた俺様にこの日最大の事件が襲い掛かる。

それは

何かのはずみで倒れた竿ケースを支えたはずみに
岸壁上に置いておいた大事な大事なあのリールが
カツーンと音を立ててテトラのどこかに消えたのだ。


俺様 「リール落ちた!」


えっ!!!!!!!! 


まさか去年の誕生日に買ってあげたあのリール?!
(→このリール

ここから夫婦それぞれの黒い思惑が空中戦を始め
とんでもなく絶望的な空気が現場を包み込んだのだが
珍しく諦めずに探し続けて30分は経っただろうか

俺様 「あった!」

そう、テトラの隙間に光るリールを発見したらしい。

よかった・・・ けど、取れる??
腕の長さ足の長さ体の柔軟さ(そして細さ)どれを
とっても俺様のほうが有利なので俺様が自ら
テトラに挟まり、ネクラはいつものとおりただただ
それを見守るだけ。
俺様が体を曲げて極限まで腕を伸ばして・・・

救出!

よかったーー
ネクラがテトラにはまる等の二次災害もなく
気の毒なことに俺様が新たに虫に食われたが
何とか23時半には釣り場を出発して
日付が変わる頃には帰宅することができた。


2013/8/17(土) 16:30〜23:00
メジナ3(ネクラ2、俺様1)
カサゴ4(ネクラ4、うち3匹リリース)


災難だったけど諦めずに探した俺様に
ご褒美でタバコをひと箱プレゼント。
今日もお疲れ様でした!

 

五目-福浦 | comments(2) | ネクラ



2013/8/16(金) 仕事終わりからの〜

 

木・金とネクラは夏休み。かたや俺様というと
昨年たっぷり春夏秋冬春休みを取ったしわ寄せで
今年の夏は有給なし。頑張ってお稼ぎください。

ネクラはこの休みでブログのお引越しを完了させたかったので
(結局できてないけど)家にこもって作業することに決めていた。


すると俺様からメール 「ゆっくり休んでおいて」

ありがとう。 ゆっくり休んで・・  おいて??

そう、俺様はこの日の夜から釣りに行くつもりでいたようだ。
てっきり帰宅後一杯かっくらって一眠りでもしてから行くのかと
思い込んでいたネクラと少々の行き違いがあったのだが
バタバタと準備をして、ちょっと腹ごしらえ。そして出発。


この日の俺様の狙いはアジ。


久々にベランダからカゴ用の道具を出してきて
エサはいつものセブンで調達。


凍ってないコマセがあるらしいw

さすが釣具屋のないエリアだけあってポイント押さえてる。
日によるけどイソメも結構イキがいい。
(※イソメのイキをネクラが語るようになるとはな・・・)
そして釣りえさを買うと使い捨てのオシボリもくれる。
それも結構大量にw
俺様は一回も使おうとしないが、車を運転する前には
急いで袋から出して渡すようにしているので
たくさんくれるととても助かるのだ。
そしてトイレもきれい。
福浦のセブンにはホントお世話になってます。


さて話が逸れたが、釣り場到着。
足場の良い岸壁で竿を出そうかと釣り座を構えたけど

反応なし。

アナゴでも釣れないかなと思って出しておいた
ネクラの投げ竿、しばらく経ってあげてみると

やっぱりね。

俺様もなんだか飽きてきてる。

しょーがない、移動しますかテトラに。
夜のテトラは怖いけど、釣れるほうがいいもんね。


ってことでテトラ角に移動してみて頑張ったけど


釣 れ な い


潮が早くて釣りずらい。
なのに風が無いから虫がすごい。

ギブ!

25時頃、ネクラ避難。
ちょっと寝て、朝マズメくらいにまたちょっと頑張るかな。

・・・

・・

携帯の音で目が覚める。俺様から。

「帰るよ」 →片付け手伝えの意味

えっ? 何時? 耳から離して携帯を見る。

さんじ・・・  寝すぎ。

ネクラ退場から2時間頑張った俺様、
執念でメジナとカサゴを釣り上げて納竿。


2013/8/16(金) 23:30〜27:00
メジナ1
カサゴ1
(いずれも俺様)

お疲れ様でした!
帰ってちょっと寝て、また夕方来ようw

 

五目-福浦 | comments(0) | ネクラ



2013/8/10(土) 今日の俺様速報

前日    釣行決定。
      もともと俺様実家に泊まりで遊びに行く予定だったのが、
      ネクラが水分摂りすぎておなかを壊して日曜だけに変更。
      しょうがないからおかずを釣りに行ってやるかと俺様。

本日

10:00  朝食。高温注意報にちょっと気持ちが萎えた様子。

13:00  イメトレ。今日もクロダイとコショウダイを釣るらしい。
     師匠に破門されちゃうかもなぁと言っている。ひどい弟子。

16:05  出発。  

16:09  ライター忘れて帰宅。だから忘れ物ないかって確認したのに。

16:10  再出発。

17:51  釣り場到着。

18:40  釣れない連絡。虫除けスプレーが残ってなかったとクレーム。
     ※訂正:このとき「アジは釣れた」と聞いていた。忘れていた。

19:40  釣れた連絡。コショウダイ。「すげー引いた」らしい。

       
    いっちょまえに赤目w

21:56 連絡なし。釣れてないのかしら。

22:18  帰るコールあり。コショウダイとアジで納竿。

23:35 無事帰宅^^ 

でかっ

24:40 十分冷えたところで、いただきまーす!



今日も(ネクラのために)お疲れ様でした!
五目-福浦 | comments(0) | ネクラ



2013/8/3(土) 俺様の粘り勝ち

 

週末!
さぁ釣りに行こう。
どこ行こう?

たまには外房にも行きたいけど、夏休みのこの時期
また京葉道路のあの渋滞にはまるかと思うとちょっと迷う。

そしてやっぱり福浦へ。


 明るいうちは頑張ったネクラ、暗くなったらもうダメだ。
 俺様を残して早々にクルマへひきあげる。

 

クロダイ釣っちゃった(もちろん俺様)
 

 

コショウダイも釣っちゃった(もちろん俺様)

 

いっただっきまーす(食べるのはネクラ)

 


 何時まで居たかってそりゃお客さん…

17:30 〜  27:30

危うく完徹釣行になるとこですわ。

でもまぁ次の日も何も用事がない日だったので
 とりあえずいいことにした。


ごちそうさまでした!

五目-福浦 | comments(0) | ネクラ



2013/7/27(土) 単独釣行の俺様に神は微笑む

昨晩ドラマを観ていたら、強い女か健気な女かという話題が
出ていたのでよせばいいのにネクラは聞いた


ネクラ  「俺様は健気な女子の方が好きだよね〜」

俺様   「そうだな」


ネクラはおかげさまでこんなに強くなったけどね…

(´・ω・`) 



さて。
遡ること数日前、先週土曜日の話。

ネクラは悲しきかな月末恒例のご奉公。(単なる出社日)

前回の釣行で久しぶりにある程度の量のメジナを持ち帰り
平日チマチマ食べられることを幸せだ幸せだと連呼していたら

俺様 「しょーがねーな じゃあ土曜日行ってくっか」

いやあの心配ですし別に無理しなくてもいんですけどね。
お師匠様(紀元さん)は行けないというのでひとりだと
またテトラの隙間に落ちないかちょっと心配。

でも食べたい。

まぁネクラがどう思おうと俺様には関係なくて
俺様が気にするのはむしろ天気とかそっちの方。

その日は蒸し暑いものの風はなく、宅配便で届いた車の部品を
Oトバックスでつけてからまっすぐ福浦に向かうとのこと。

夕方、仕事中のネクラに俺様からメール。


俺様   「Oトバックス待ちくたびれて釣り億劫になってきた」

ネクラ  「じゃあ今日は無理しないで明日うなぎに行こうよ」

俺様   「うなぎは釣れる気しないし支度したから行ってくる」


なんなのこの人…
一体どういう返事を求めてメールを寄越したのか。
いやそんなの考えてないなきっと。何故なら俺様はB型だから。
 

19時過ぎには、「二連チャンメジナ」とのメール。

ケチのネクラに「下道で行くから」と節約アピールのメールが
あったのが17時過ぎ、釣れたメールが19時すぎ。
察するに、福浦到着18時半頃だったのか。


30分で2匹。 すごい。時速4匹ペース!


その頃ネクラは既に仕事を終えて(さすがに土曜日は残業なし)
久しぶりの自由時間を本屋で満喫していたところだった。
きっと俺様も単独釣行を楽しんでいることだろう。ネクラも
まだ読みたい本がある(※立ち読み)。帰ったネイルもしたい。
しめしめ今日はゆっくりできそうだ。クフフ

そして本屋を出て電車に乗り、最寄りの駅に着く前で異変。

電車の窓に水滴?

まさか

そして駅に降りてみると、そのまさか 豪雨。

俺様は大丈夫だろうか。
雷も鳴るほどの豪雨だから避難はしてるだろうけど。
この雲がどこからきたものなのか、レーダーを見てみると
横浜方面はまだまだ雨雲すらかかってないような状況。

それでもちょっと心配なので電話する。


ネクラ  「あ どう?雨降ってる?」

俺様   「5匹釣れたんだけどさー1匹テトラに落としちゃったぜ」


かみあわない。


ネクラ  「えーっと 雨 こっちすごいから気を付けて」

俺様   「わかったわかった 釣れてるし帰るかな」


えっ!!!
もう帰ってくるの?

まぁでも 天気がアレだししょうがないか。

そしてゲリラの雨脚がすこしだけ弱まったところを狙って
ネクラが帰宅し、シャワーを浴びてビールを飲もうとしたら
俺様から着信。

俺様 「すげーよ雨!!」

聞けば既に納竿し、クルマに乗ったところで降ってきたと。
俺様曰く「じめっと蒸し暑かったのが急に肌寒くなってきた」
のでおかしいと思い、充分な釣果も得ていたので店じまいを
したところだったので間一髪だったようだ。

嵐の前の荒食いだったのか、実質一時間ちょっとで5匹。
(ん? 6?)

これが長くやったとしたってきっと増えはしないのだろう。

一時間でも「釣れる釣り」が出来て満足したらしい俺様。
釣りに行かずともお刺身を食べられて嬉しいネクラ。
利害の一致。

でもネクラも釣りしたい!


今週末はネクラも釣るぞー

おー!
五目-福浦 | comments(0) | ネクラ



2013/7/20(土) ありがとう福浦、久々メジナにご対面。
 
土用の食材を狙って行ったのにも関わらず本命ボーズを
くらったtama川から福浦へ移動。
俺様の師匠(※紀元さん)が既に始めているということ
だったので、様子を聞いてみると「ダメ」と。
ちょっとアタリは出て来はじめたらしいけど、風も正面から
吹いている状況で続けるのは難しそうだったので、
ちょっと移動してクルマから近いテトラに出ることに。


実はネクラはテトラの夜釣りがちょっと苦手。
(※てかテトラの夜釣りチョー得意って会社員女子いる?)
しかもこの半年ほとんどテトラに立ってないので
テトラの歩き方もわからなくなってしまった。

クルマ行ってればと俺様は言ってくれたけど、
なんでだろう、何だかこの日は一緒に釣りをしたかったので
極力動かなくていいようにポッケにハリとか詰め込んで、
テトラに立つことに。


ちょっとうねっている夜の海に浮かぶ電気ウキの灯りは
やっぱりとても幻想的で、アタリを待つよりもなんとなく
ものおもいにふけってしまう。
気丈にふるまう母は元気か、今度姉と会うときはいつなのか
そのとき自分がどうするべきか。
釣りとまったく関係ないことを考えながら、ボーっと
ウキを眺める。 と 


右側で動きがあった。  俺様?


俺様  「メジナ!」


おー

久しぶり!
しかも木っ端ではないサイズ。お刺身〜


俺様が釣れてもネクラは何も手伝えない。
ただ何となく見て、「すごいじゃーん」とか
「あー落ちる落ちる!」とか言うだけだ。


それでもなんだかこの日の俺様は優しかった。


自分が釣れたあとネクラのところにきてくれて
「タナ合わせてやるよ」と言って仕掛けを見たら
ネクラの仕掛けがちょっと(※かなり)間違っていて
その場で結びなおしてくれたり、ウキが沈みすぎで
重さがあってないガン玉を調整してくれたり。
挙句の果てには自分がメジナを釣った場所を
「こっちで釣れよ」 と譲ってくれた。


なんだろう…今日の俺様はやけに優しい。
よっぽどブログに悪口書かれるの嫌なんだな…

(※たぶんホントに釣らせてやろうという気持ちと
ネクラが釣れないと早く帰りたがるので釣って
もらわないと困るという気持ちが半々かと思う)


ここからネクラの釣り無関係の妄想なので
興味ない人はスルー推奨


それにしても俺様って真壁くんキャラだよね
ネクラは蘭世じゃないけどあの妄想壁は負けない。
真壁くん昔は全然好きじゃなくてどっちかっつーと
ネクラは鈴世派でなるみちゃんになりたかった。
キャプテン翼でも好きなのは岬くん。
聖闘士星矢だってにいさんラブの瞬が泣きながら
ひとりで戦うさまに萌えるタチだった。
(※数回死んでいる紫龍も結構好きだった)
間違っても日向小次郎やフェニックス一輝には
まったく魅力を感じなかったというのに
いまB型全開の俺様とこれからの人生を
生きて行こうとしているこの不思議。
フフッ 人生わからないものだわね


話が逸れた。(※逸れすぎだ)
まさか釣りブログでときめきトゥナイトを語られるとは
誰しも思ってなかったことだろう。


ケホッ


で 釣りの方はというと

アタリに気付かなかったもののネクラが木っ端メジナを
ひとつ奇跡的に釣りあげ、その後俺様がメバルを釣り
そして海藻が大量に流れてきたところで少女マンガ妄想で
なんとか保っていたネクラの精神もポッキリ折れてしまい
自分の荷物だけ片付けてクルマへ退散。


その後一時間ほどコンビニへ行ったり、車内でウトウト
していたところで俺様も納竿、お疲れ様でした。



いまの家はキッチンが狭くて写真を撮っていないので
今日も写真なし。



俺様 メジナ×1、メバル×1(2?チビッコもいたかも)
カサゴ×いくつか
ネクラ メジナ×1、ちびメバル×1(リリース)


久々にメジナの昆布締めとメバルのお刺身を
数日に分けてネチネチいただきました。


ゲフー

ごちそう様でした!






追記


最近の俺様。
水洗いしたリールを乾かして、お手入れしたかったらしい。
(ネクラのリールも。ありがとう)


俺様  「麺棒!どこやっ…  たっけ?」


ブログでの愚痴は効果絶大のようすw


面倒なようで意外に素直なB型40歳と粘着A型33歳の
新米夫婦お騒がせアングラーのネクラと俺様を
皆様これからもご支援よろしくお願いします。


ネクラ&俺様(←了解とってないけど)
五目-福浦 | comments(0) | ネクラ



2013/7/13(土) 渋い福浦、師匠は意中の魚を釣り上げる。
 

さんれんきゅー!


行こう、少なくとも土・日くらい。
土曜日はネクラと俺様のあたらしいおもちゃ(ブーブ)がやってきたので
試運転かねて、福浦へ。


いつも行っていたテトラの方はネクラが足腰立たず釣りができないので
今回は俺様が譲ってくれて公園側へ。


やったー投げ釣りができる。(投げらんないけど)



プルッ


ムムッ(慈英さん風)  アタリ!



ピンギス。。





ガツン!ときたと思ったら



くるくるしながら浮いてきた・・・




横でイワシサビキをしているおっさんがたも「またヒイラギかよ!」と
ぼやいている。ここはヒイラギ・カーペットなのか・・・



こつん、と当たって巻いてきてみると



真鯛ーーーー!!!!















ちびサイズだけどな( ´,_ゝ`) プッ




そして夜になってまたコイツ




ちなみに俺様は、ネクラと離れてテトラに参戦。
帰り際執念でメバルを釣り上げたのは意地だなーと感心しきり。
(言わないけどね天狗になっから)


そしてそしてこの日ご一緒いただいた紀元さんが釣り上げた
宣言通りの平べったいエモノはコチラ
(※帰り際ネクラがのぞいたクーラーで大事に氷水で冷やしてあった)







※撮り忘れたのでイメージ画像




やっぱこの人、かわってる・・・。



公私ともにさんざんお世話になっておきながらひどい言い様なのは
電車の棚の上にポイッと投げて好きなことをつぶやいてみた。



次回は爆釣だ!




(ん?パクリ?)
五目-福浦 | comments(0) | ネクラ



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
<<  2/2PAGES  


LATEST ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

RECENT COMMENT


LINKS
PROFILE
OTHER