06
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
2011年から始まった部活動、浦安から始まって房総・茨城・三浦を彷徨った末、行き着いたのは横浜・福浦。
たまに他の場所にも行きたくなるけど、やっぱりここに戻ってしまう釣りバカ(通称B)夫婦の釣行記を120%妻目線でお送りします。
<< 2013/11/30(土) メジナの胃の中にあったのは | main | 2013/12/13(金) ネクラがネチネチと先週末の釣行を振り返る >>
2013/12/7(土) またもミラクル。俺様、トリックサビキでヒラメを釣る。

12月第2週の釣りは。

なんと、俺様の甥っ子ちゃん(12)を釣れての釣り。

大丈夫なのか?このレジャー性のかけらもなく
笑顔も理性もない釣りを繰り返してきたネクラと俺様が
チビッコを連れての釣りなどしてもよいのだろうか。。

というネクラの心配は、結論から言うと杞憂だったのだが。


土曜日、甥っ子ちゃんを拾って釣り場についたのは朝5時半。

超混んでる!しかも、釣れてるーー
マメアジっぽいけど、それでも釣れるなら全然いい。

なんとか3人は入れそうなところを見つけて、釣り開始。
今回俺様は、自分の竿よりも甥っ子カイ君の竿を
先にセットしてあげていた。
おお 優しいじゃん。

カイ君はこのところ、俺様のお父上に連れられて
ハゼ釣りに行ったりしてるらしい。
今回俺様が用意したトリックサビキはもちろん初。
俺様が仕掛けを用意するそばから仕掛けに絡まり、
「釣りできねーだろ!」と言われていたのだが
仕掛けおまつりしてしまったときのネクラに向けて
発せられるお叱りの言葉とは比べ物にならないほどの
トゲトゲしさの無さ。

ネクラ 「えー何 ずいぶん優しいじゃんよー」
俺様  「身内だと違うよな」

えーっと 私もあなたの身内ですが…



気を取り直して、まずはカイ君の釣りを見守る。

と、一投目で鈴なりマメアジ〜!
「すげぇ!釣れた!」
喜ぶカイ君。
それを見てる俺様も、嬉しそう。
連れてきてあげて釣れなかったら最悪だよな、と
前日まで何度聞いたことか。
サビキで釣れることを確認して、ようやく自分の
カゴの準備を始めていた。


ネクラはキスを釣りたくて久々のミドリちゃんで
天秤仕掛けを投げるものの、いきなりアジ。

嬉しいけどね。


ちょっと明るくなってから。
カイ君、家族へのおみやげに着々とマメを釣る。



俺様はカイ君の面倒を見つつ、カゴのを投げる。
そしてひとまわり大きなアジをコンスタントに釣り、
「すげー!でけー!」とカイ君の目を輝かせ、
叔父の威厳?をきちんと見せていた。

明るくなってから隣に入った男子ふたりが、カゴと
アジングでいい型のアジを釣り上げた。

あ!ネクラもあるあるアジングの竿!

しかしエビを忘れてしまった。
仕方がないので、イソメを付けてピュッと投げてみた。


ら。


釣れたー!!!!


アジング楽しー!


しかし続かず。
カイ君のサビキも、少し勢いが止まってしまった。

ってことは、キス釣れないべか
そんな思いでまた投げ釣りに戻すが、釣れたのは


おげんきでしたか…

時間をみてみると、9時を過ぎたところ。
サビキにかかるアジも減り朝4時に起こされたカイ君も
「もういいや」とちょっと疲れた様子。
俺様のカゴにも型のいいアジはかからなくなってしまい
俺様からも「10時で帰るか」と終了宣言。

欲張って100gも買ってしまったイソメを頑張って
消化すべくネクラもこまめにエサを替えつつ
天秤仕掛けを投げるものの、キスの姿はなし。

すると、カゴを回収している俺様が不穏な笑みを浮かべて
「これデケーぞ」と言う。

が。 実はこの日この言葉は数回目。
そして実際デカイのが上がってきたのは半分。
バレたり、そんなにデカくなかったり(スレとか)

「ほんとにぃ〜?」 疑うネクラ。

仕掛けが近づいてくる。

目を凝らす。

・・・?  茶色?の、ひらべったい何か・・?

ネクラ  「えっアイゴ?!」

俺様   「ちげーよヒラメだよ!!! タモ!!!」

ネクラ  「えっ!!!!  ないけど!」

俺様   「ここにあんだよ早くタモ!カイ!タモ!」


いきなり呼ばれたカイ君が何とかタモを出すが、
柄 と 繋 が っ て な い


慌てて柄とタモを繋げて、海面に入れようとすると
「いい自分でやるから貸せ!」とひったくられた。
ネクラ、信用ゼロ。


俺様の奮闘。



お見事、無事にネットイン。



ソゲと言えなくもないけど、これはお持ち帰りを
させていただきましょう!


トリック仕掛け、外れなくて良かった…


仕掛けは確かこんなの。 5号・・? 4号だったかも。

Marufuji(マルフジ) P-559 トリックエース 夜光 5号

新品価格
¥294から
(2013/12/12 19:33時点)



これを見たカイ君のテンション、ふたたびマックス。

足元に入れていたサビキを、教えてもいないのに
できるだけ遠くへエイヤッと投げるように。
それも、釣れたマメアジをトリックの一番下のハリに
かけて投げていたらしい。
おそらく俺様の「トリックの一番下についてたアジに
食ったんだろうな」という言葉を聞いてのことかと思う。
これには本当に感心した。
カイ君にあってネクラにないもの それが向上心。
スバラシイ。(ネクラは食べられれば何でもいい)

その後、ようやくキスが。 待ってたぜ…


シロギスだー!と駆け寄ってきたカイ君、
ネクラが写真を撮ろうとすると
「待って待ってじゃがりこの箱置いて大きさ!」
とネクラがポリポリ食べていたじゃがりこの箱を
キスのそばに置いてくれた。
これも、ネクラがヒラメを撮るときに俺様に
タバコ貸してと言っていたのを覚えていたのだろう。

最後に、もれなくこいつも。


一応出してたヒラメのぶっこみは終始無反応。
(エサのアジが元気すぎたという説も)

日が高くなって、ヒラメバブルもちょっと落ち着いたので
11時過ぎで納竿とした。


甥っ子ちゃんを送って、俺様実家にちょこっと寄って
俺様の父上が先週火曜日船で釣ってきたヒラメと
マトウダイのお刺身とアラをいただいて、帰宅。
暗くなる前に道具を外で洗って、さて 今日の釣果。



マメアジとキスはカイ君に進呈。
(いい型のも、少し分けてあげたらしい)

右端のニョロっとしたやつは、ネクラが釣ったハゼ。

俺様によるとヒラメの胃の中は、からっぽだったらしい。
てっきりトリックにかかったアジに食ったのかと思ったけど
胃の中がカラだったということは、…トリックに食った?
真実は闇の中。

俺様が釣ったヒラメはちょっと寝かせておいて、
この日はお父上のヒラメとマトウダイをいただきまーす
(もちろん俺様作)


アジはなめろうで(by俺様)


骨せんべいだけは、ネクラプレゼンツ。

せっかく揚げ物油を出したので、ポテトフライも。
(食い合わせは考えない)


ゲフー

久々の外房、ごちそうさまでした!

 
外房-アジヒラメ | comments(4) | ネクラ



コメント
ネクラさんこんにちわ
またまたやりましたね!!!(俺様様ですが)

おっ!福浦でアジ・ヒラメ
と思ったんですが、外房ですね・・・

| HARU | 2013/12/13 3:05 PM |
トリック仕掛けにヒラメとはっ!!

何事にも『絶対』はあり得ないってことですね〜。

それにしても太刀魚にしろ、ドデカホーン・・・じゃなかった、ドデカスズキにしろ、ヒラメにしろ、陸っぱりから高級魚をビシバシ釣ってますねぇ!!

・・・ガキおやじと何が違うんだろう?(^o^)
| ガキおやじ | 2013/12/14 4:16 PM |
HARUさん
いらっしゃいませ〜
福浦は公園側ならいいのですが俺様が行きたがるのはテトラなので
足場がよくなく、チビッコ連れにはよくないなと外房にしました。
(場所的にも外房のが近かったので)
福浦でアジとかヒラメが釣れたらいいんですけどね〜
| ネクラ | 2013/12/17 12:08 PM |
ガキおやじさん
いらっしゃいませ〜

あのヒラメはホントに胃の中からっぽだったようなので、
空腹極まりない状態だったのではないかと思います。
(というと怒られますが…)
それをバラさずにあげたのはやっぱ技なんでしょうね〜
「何が違うんだろって聞かれてるよ」と言ったら
「      まぐれですって答えておいて」と言ってました。
間が気になりましたが、また悪口を書くと苦情が来るので
謙虚にまぐれと言っていたということで受け取ってください。
| ネクラ | 2013/12/17 12:12 PM |
コメントする









(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


LATEST ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

RECENT COMMENT


LINKS
PROFILE
OTHER