06
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
2011年から始まった部活動、浦安から始まって房総・茨城・三浦を彷徨った末、行き着いたのは横浜・福浦。
たまに他の場所にも行きたくなるけど、やっぱりここに戻ってしまう釣りバカ(通称B)夫婦の釣行記を120%妻目線でお送りします。
<< 2013/8/16(金) 仕事終わりからの〜 | main | 2013/8/24(土) 俺様、ギリギリ一兎を得る。 >>
2013/8/17(日) 久々にネクラにもメジナ。そして新米夫婦を試す大事件

 

前日夜中の釣りを経て、帰宅したのは朝4時半すぎ。
ちょっと晩酌して、眠ったのが確か7時頃だったか・・・

昼過ぎ、ゆっくり起き上がって遅いご飯。
(食べてばっかり)

俺様 「なんか日曜日の気分だな」

そう、金曜の夜釣りがいつもの土曜日のような感じで
まだ土曜日だと思うとちょっと得した気分。
さくっと着替えて出発しましょうか。

ちなみに外房とか三浦とか、とにかくどこかいつもと
違うところに行こうかとかも考えなくはなかったけど、
福浦より遠いところに行ったとしても釣れる保証が
あるわけでもなし、高速代燃料代そして移動時間を
かけてまで冒険する意味があるのだろうか。

否、ない。

ってことで福浦へ。
夕方の一般道は混雑しているので高速をつかって
釣り場到着は17時頃。
この日は最初からテトラへ。

明るいうちは投げ釣りしようかなと天秤つけて
投げ竿出してたネクラだったのだが、あまりにも
アタリがなくて飽きてしまった。

投げ竿をさびきながら俺様のドングリウキを観察。
この日はエサ取りが多くてウキがよく動く。
こんなに動くとドングリウキでもよくわかるんだなー
ドングリウキもいいなー
でもこないだも俺様のお古のちびウキいっぱい
おさがりでもらったし、まだいいか。

そのうち観察も飽きたので、投げ終了。
そろそろ日も落ちそうな時間なので、ウキの仕掛けを
準備して、再スタート。

なるほどエサ取りが多い。
俺様もフグになにやら文句を言っている。
でもネクラはエサ取りでも反応がある方がいい。
エサがもったいないけど、まったくの無反応だと
竿を出し続けることすらツラくなる。

ちびカサゴ。これはお帰りいただこう。



ちょっといいカサゴ! あなたはキープ。



なんか今日調子いくね?

しかし俺様がまだ釣ってないのでバケツが出ていない。
水を汲みにテトラを降りるのが怖いので、カサゴは
締めもせずにビニール袋へ入れてクーラーへw

暗くなり始める。
エサ取りは少し減った。

まったりし始めたところで、電気をつけたばかりのウキが
ゆらっと海中に!


き キタ何か来たー!!  

タモ・・・  誰かタモを・・・ (→心の叫び)


しかし俺様は相手にしてくれない。
何故ならばいつもネクラが「タモー!!」と叫ぶときまって
あがってくるのは木っ端メジナということが数回あったから。
そりゃこんなオオカミ少年のことは信じてなんてもらえない。
ぼんやり竿を出してる間に意味も無く緩めたドラグのせいで
巻いても巻いてもあがってこない。


うう・・ 重いよぅ・・・


やっと水面まで浮かせたはいいけれどぶっこ抜けない。
いつも「巻きすぎ!!」と怒られるのがトラウマで
そんなに巻いていいものかという思いが頭をよぎる。

水面近くをブランブランされるメジナを見かねて
ようやく俺様が救出に来てくれた。
「何やってんだよ・・・」とぼやきながら糸を手繰り寄せて
ネクラに渡してくれた。
ありがとう・・・ でも褒めてはくれないんだよね・・・
まぁでも「やったな!」とか爽やかに言われてもキモイし
助けてくれただけありがたいか・・・

ヨタヨタしながらテトラ上にあがり、血抜き。
ありがたいことに俺様が水を汲んできてくれた。

俺様 「浅かった?」

ネクラ 「あ・・・ 確かそんなに浅くないような・・・」

俺様 「・・・」 

音にならない舌打ちが聞こえる・・・
浅場好きのネクラ(手返しが楽だから)
だけどこの日はちょっと深めにしてみたり、ちょこちょこ
いじりながら遊んでいた。
なので肝心のアタリがどのへんのタナだったのかは
さっぱり覚えていないのだ。
ホントスイマセン。


やっぱりメジナはカメラ目線。



処理が遅いネクラ、ややしばらくかかって釣り座に戻る。
俺様を見る。機嫌悪そう・・・
いつも飽きて戦線離脱してしまうネクラになんとか
釣らせてやろうといつも色々教えてくれる俺様。
しかしネクラが先に釣ったとなると話は別だ。

どうしよう ネクラがこれ以上釣っちゃったら
我が家の平和は完全に崩壊する。
(※冷静に考えると物凄く上から目線な心配だ)
神様・・ あの黒鯛のときみたいに
ネクラの釣果も吹っ飛ばす大物を俺様の竿に
なんとかひとつお願いしますよ・・・
それかここらでいつもみたく飽きちゃったーって
やめてみる?いやそれも「余裕だな ケッ」とか
言われそうでなんかイヤ。
何より釣れて楽しいのでまだ釣りたい。

結局こういうこと。

ビクビクしながら糸を垂れていると

来てしまった・・・メジナ・・・
嬉しいけど空気読んでお願い! 
あっち!ハウス!

しかもまたぶっこ抜けずにブランブランやってたら
またもやため息をつきながら俺様が上げてくれた。
あの・・・ ほんとスイマセン・・・

目つき悪い・・・



しかし神は俺様を見放さず、
このあとすかさず俺様にメジナを1枚与えたもうた。

よかった・・・まじで・・・

そしてとっぷりエサを使い切るまで粘ったが
この日はこれ以上増えることなく終了。

「負けちゃったな・・」と呟きながら片付けを
始めた俺様にこの日最大の事件が襲い掛かる。

それは

何かのはずみで倒れた竿ケースを支えたはずみに
岸壁上に置いておいた大事な大事なあのリールが
カツーンと音を立ててテトラのどこかに消えたのだ。


俺様 「リール落ちた!」


えっ!!!!!!!! 


まさか去年の誕生日に買ってあげたあのリール?!
(→このリール

ここから夫婦それぞれの黒い思惑が空中戦を始め
とんでもなく絶望的な空気が現場を包み込んだのだが
珍しく諦めずに探し続けて30分は経っただろうか

俺様 「あった!」

そう、テトラの隙間に光るリールを発見したらしい。

よかった・・・ けど、取れる??
腕の長さ足の長さ体の柔軟さ(そして細さ)どれを
とっても俺様のほうが有利なので俺様が自ら
テトラに挟まり、ネクラはいつものとおりただただ
それを見守るだけ。
俺様が体を曲げて極限まで腕を伸ばして・・・

救出!

よかったーー
ネクラがテトラにはまる等の二次災害もなく
気の毒なことに俺様が新たに虫に食われたが
何とか23時半には釣り場を出発して
日付が変わる頃には帰宅することができた。


2013/8/17(土) 16:30〜23:00
メジナ3(ネクラ2、俺様1)
カサゴ4(ネクラ4、うち3匹リリース)


災難だったけど諦めずに探した俺様に
ご褒美でタバコをひと箱プレゼント。
今日もお疲れ様でした!

 

五目-福浦 | comments(2) | ネクラ



コメント
はじめましてHARUと申します。
自分も以前福浦テトラで釣りをしてました。

面白くて、ついコメントさせて頂きました

これからも部活がんばって下さい^^
| HARU | 2013/08/21 11:12 AM |
HARUさん、いらっしゃいませ。
引っ越し後第一号のコメント有難うございます^^
福浦で釣りをすることがあれば是非声かけてください。
何の会話もせず楽しくなさそうに釣りをしてる
男女を探せばすぐ見つけられると思います。
ブログも更新していくのでまた遊びにいらしてくださいね。
| ネクラ | 2013/08/21 3:05 PM |
コメントする









(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.


LATEST ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

RECENT COMMENT


LINKS
PROFILE
OTHER